西陣カーボンは従来のカーボンと比較して、多様な模様を表現することが可能です。

 

 


 

 


 

 

①変化斜紋

3本以上の糸で作られている

ので密度が濃くなり、

柔軟性・伸縮性に優れ、

皺がよれにくくになります。

 


 

 

②昼夜斜紋

経糸と横糸で出来上がったパターンを

表裏交互に配置することで表面に

光沢ができ模様がくっきり表れます。

 


 

③ 市松

    2パターンの正方形を交互に

    配置したチェック柄の模様で、

    江戸時代から着物に使われる

    伝統の織柄です。

 


 

④紗綾形

『卍(まんじ)』の形を崩して並べること

でできたこの模様は、中国が発祥地

で、古くから織物に使用されてきまし

た。

 

 


 

⑤ 蜂巣織

    経糸と横糸を長く浮かせることで

    方形の枡形を作り、布綿を蜂巣

    のようにしたものです。 

 

No.6 重ね斜紋.jpg

 


 

⑥ かさね斜紋

    2種の異なる斜紋を重ねた柄です。

    一方の斜紋線は連続させ、

    他方は連続しないように削り、

    短い斜紋線とし、織りあげます。

No.7 杉綾.jpg

 


⑦ 杉綾

    連続したV字型が杉の葉のような模

    様であることから名づけられました。 

    別名をへリボーンといいます。

No.8 ななこ織 拡大.jpg

 

 

 

 

 

 


⑧ 市松

    経、緯とも2本、または3、4本

    引き揃えにして平織にした織り方。

    経、緯糸に2本、または3本ずつ同じ

    本数を引き揃えて組織させます。

 

No.9 青海波 拡大.jpg

 

 

 

 

 

 


⑨ 青海波

     半円を三重に重ね、

     波のように反復させた柄です。

     シンプルで上品な柄のため、

     日本中で古くから愛されています。

No.10 網代斜紋.jpg

 

 

 

 

  

 


⑩ 網代斜紋

   変化斜紋の一種。

   反対方向の2個の斜紋を重ねて、

   組織点を削り網代型に

   組み合わせた織柄です。

 

No.11 変化うね織 拡大.jpg

 


⑪ 変化うね織

    織物面に横または縦に

    筋を出した平織地様のもので、

    うねを規則正しくあらわさず、

    種々に変化させた織り方です。

No.12 急斜紋.jpg 


 

⑫ 急斜紋

    綾目が60~65度の急になっている

    斜紋柄です。

No.13 朱子ぼかし 拡大.jpg 


 

⑬  朱子ぼかし

    朱子織は経糸・緯糸5本以上で、

    交錯点を一定間隔に配置した組織。

    組織の濃淡でぼかしを表しており

    柔軟性に優れている柄です。

No.14 とび斜紋 拡大.jpg 


 

⑭ とび斜紋

    斜紋の一種です。

    細かい絵柄が特徴的です。

No.15 4分の1市松.jpg

 

 

 

 

 


⑮ 4分の1市松

    市松模様の4分の1サイズです。

    通常よりも小柄でできています。

No.16 8分の1市松 拡大.jpg 


 

⑯ 8分の1市松

    市松模様の8分の1サイズです。

    

No.17 山形斜紋.jpg


 

⑰ 山形斜紋

    織目の一つ一つが山の形の

    ように見えることから、この名

    前がつけられました。